プロフィール

kobaruto

Author:kobaruto
北海道素人モデラーkobarutoのガンプラ製作日記へようこそ!

プラモ製作の何かのお役にたてたらうれしいです。


最新コメント


ギャラリー

-2017年- ------------------------------ -2016年- ------------------------------ -2015年- ------------------------------ -2014年- ------------------------------ -2013年- ------------------------------ -2012年- ------------------------------ -2011年-  

カテゴリ


月別アーカイブ


まとめ
DATE: CATEGORY:HG ガンダム
4月になってまた寒くなり今も雪が降っている北海道。
桜の便りも届いているというのに春は何処へ・・・

すっかりHGガンダム漬けになっていますがここで制作依頼品に手を付けました。

先日作ったばかりのFigure-rise 6 仮面ライダー ファイズです。

2014032333002.jpg
こちらが素組み状態(画像はネットより拝借)

このサイズの割にパーツ分けもなかなかで、シールを貼れば十分コレクションとしてもいいものだと思います。

依頼は別バージョンのアクセルフォーム状態。
先日の作例と同じものです。

劇中で数十秒間だけノーマルモードから変身できるモードなのです。

キットにはそれに対応した付属品もついていて、あとは塗装するだけ。

P4030002 (2)
こちらが完成品。

形状上の違いは左腕に装備されたファイズアクセルと胸のフルメタルラングの展開です。
あとは色替え。

P4030012_20140406180135c5a.jpg
腰のベルトには変身のための携帯電話があって、

P4030013.jpg
開くことも取り外すことも可能になってます。

P4030010_20140406180138e59.jpg
こちらが残りの付属品。

P4030005_2014040618021907d.jpg
クリムゾンスマッシュ、いわゆるライダーキックのエフェクトパーツも白からピンク、赤へとグラデーション塗装しました。

P4030007_20140406180220543.jpg

P4030008.jpg
新たに作った証拠w

P4030011.jpg
これで全パーツです。

ガンダムが終わったら普通のモードも作ってコレクションしたいですね(^^♪
しばらく後になりそうですが(>_<)


さてHGガンダムの塗装編ですが、今回は缶スプレー塗装をしてみます。

ただ、塗装するにあたりまたちょっと改造した方がいい点があります。

P4030012.jpg
ボディ部分ですが、組んでしまうとこのように青と赤のパーツが一つになってしまいます。
もちろんこのままでもテープを使ってマスキングすれば塗ることもできますが、なるべくなら分割できた方が楽。

P4030004_20140406175316aba.jpg
バラすとこのようになってますね。

P4030007.jpg
赤いパーツのピンの部分を青いパーツの穴に差し込む形状になってます。

P4030006.jpg
そこで、このピンを切り落としちゃいます。
丸の部分ですね(上の2つの丸の裏側も切り落とす)。

P4030010_2014040617532180a.jpg
切り落としたものがこちら。

P4030011_20140406183410427.jpg
赤いパーツを下から差し込むことができるようになりました。
塗装後に接着すればマスキングをすることなく組めて失敗が少なくなります。

顔の部分も同じように工作して、白を塗った後に目の周りを塗装することができます。

P4050021.jpg
すべてのパーツのゲート処理や合わせ目処理を行ったら、塗装しやすいように持ち手を付けます。

P4050023.jpg
自分はこのように竹串にクリップがついたものを使用してます。
市販されているものもありますし、自作することもできますねw

P4050022.jpg
全パーツに持ち手を付けた状態。

台はスタイロフォームという建築に使われる断熱材を利用してます。職業柄ね(笑)
これに限らず、持ち手を挿すことができて安定していればなんでもいいです。
フラワーアレンジなんかで使う吸水スポンジだとか、段ボールでできたような猫の爪とぎや、無数の穴の開いたボックスやスタンドを横にして使うとかねw

P4050024.jpg
持ち手でつまめないようなものは竹串に両面テープを巻いたものにつけてます。


スプレー塗装の前に一つ塗料を紹介。
P4030003.jpg
これは塗って磨くと金属っぽくなる塗料です。

P4030005.jpg
これを筆塗り。
右のパーツに塗ってます。
乾くのも早いですね。

P4030009_201404061755022a0.jpg
左側が乾いた後に綿棒でこすったもの。
質感が変わったでしょう。

あまりこすりすぎると剥げてしまうのでほどほどにしましょう。
それと手で持つと汚れるので注意してください。

今回は関節などはこれで塗装します。

P4050027.jpg
こちらが缶スプレー。
いったいいつのだろう?という物を見つけました(^_^;)

P4050030.jpg
パーツを持ってまずは丸の部分、パーツにかからないところから吹き始めます。
20~30cmほど離してね。

P4050032.jpg
そして横へ。
画像は写真を撮るため思いっきり吹き付けてますが、横への移動は一瞬です。
右から左へサッと。
塗れていないと思ってもそのまま。
パーツの向きを変えてまたサッと。

1回塗ったら少し乾かしてまた吹く。
エアブラシと違ってスプレーは圧が強くて塗料の出る幅も大きいですからついつい吹き付けすぎになるのでじっくり塗装してください。

2,3回塗れば十分だと思います。

これを各色塗って乾いたらスミ入れします。
そのあとにつや消しスプレーで仕上げたら出来上がり。

P4050038.jpg
青以外は成形色と近いのでわかりづらいですね(>_<)

P4050039.jpg
関節などの色が濃くなって締まって見えると思います。

P4050037.jpg
これで3体目完成。

簡単仕上げはこんな感じかな。
特にジオン系だとこれに汚しを入れるのもいいと思います。
その辺はまた今度にするとして、ホントは「ガンダムをもっと改造編」にしようと思ったのですが、お次はちょっと趣向を変えまして簡単なミキシングを行います。

ミキシングモデル・・・多数のキットを使って一つのものを作り上げる。

いわば贅沢なモデリングであり、kobarutoが一番よく作る手法であります。
「ガンダムをもっと改造編」ではプラ板などを使って形状やスタイル変更をしディテールを加えて作る予定ですが、その前に違う形のガンダムを作ってみようと思います。

・知らない方のために

ガンダムと言っても誕生してから35年が経ち、ガンダムのデザインだけでも数種類のものが存在します。
このHGのキットだけが正しいのではなくいろいろと自由度があるのもガンプラの醍醐味。
ならば他のキットを使ってガンダムを作ることも可能なわけで、ガンプラの楽しみ方の一つでもあると思います。

今回はまたあまり改造することもなくできそうなものをチョイス。

P4040013.jpg
こちらは HG ジムカスタム。

P4040014_20140406175611f05.jpg
こちらは HG ジム改。

この2つのキットをメインにしてガンダムらしくすると
P4060052.jpg
ボディから足のすねまでがジムカスタム、腕と足首がジム改、頭はガンダムMk-Ⅱ、

P4060054.jpg
バックパックは、FG ガンダムを使ってのミキシング。

HGガンダムを作った時のように少し削ったりしてスタイル変更してる程度で大きな改造はしなくてもここまで出来ます。

P4060056.jpg
またゲート処理と合わせ目処理をして全塗装すればガンダムの出来上がり。

もったいないと思われる方もいるでしょうが余った部分はまた他のものを作るときのパーツになります。
これも一つの楽しみ方として紹介しました。

次回はこれを使って簡単なスジ彫りとエアブラシ塗装、できればデカール(シール)貼りも行いますのでまたよろしくお願いしますね(^^)/


テーマ : ガンプラ制作 - ジャンル : 趣味・実用

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:HG ガンダム
今回はミキシングモデル「ガンダム」で簡単なスジ彫りとエアブラシ塗装を少し紹介したいと思います。

ミキシングで作ると今回に関してはあまり気になりませんが、キットによってはディテールに差が出てしまいアンバランスになることもあります。
そこで今回は腕と太もも、すねとシールドにスジ彫りを入れてみます。

スジ彫りと言ってもまずはどこにどうやって彫るのかわからないと思います。
自分もセンス良く考えられればいいのですがこれがなかなか難しくて(^_^;)

そういう時はなにか参考になるものを探しましょうw

ネットでもいいし自分で持ってる他のものを参考にしてもいい。
1/144サイズなのでその上の1/100や1/60を参考にするのも一つの手。


P4070001_20140410232435fab.jpg
見つけたのはMG ガンダム Ver. 3.0です。
これを全部HGにやっちゃうとRGガンダムと変わらなくなっちゃうのでほんの一部だけ真似。

P4070006_20140410232436ed0.jpg
合わせ目処理の終わった腕部分。
ここにまずは鉛筆で下書き。

P4080007.jpg
太ももは形状が違うのでアレンジ。
こんな風に彫ってみようかなと思います。

P4080009_201404102324392e7.jpg
すねにも少しw

P4080011_20140410232440800.jpg
以前HGサザビーを作った時には厚紙をガイドにしましたが、今回は単純なラインなのでガイドテープを使いました。
模型用に売ってるものですよ。

P4080013.jpg
これをこのように貼って、テープに沿って軽く何度もケガキます。
使ってる道具は先のとがったニードル。
画鋲でも代用できます。

これはちょうどテープの幅が彫りたいラインにあったのでこのまま両側を彫ります。

P4080022.jpg
なるべく失敗しないようにするには、まず赤いラインのところを上から下へ彫ります。
次に横の青いラインを彫ります。
こうする方がはみ出しにくいと思います。
最後に緑のラインを下から上へ彫ります。

このように彫る順番、彫る方向を考えて作業すると失敗が少なくなり綺麗に仕上がります。

ただ、失敗することもあるでしょう。

例えば、
P4080025.jpg
このオレンジのラインのようにしたいのに、

P4080026.jpg
つい力が入ってしまってはみ出してしまうこともあります。

そんなときは焦らず騒がずあきらめて修正。
プラモには失敗がつきもの。
失敗から学ぶことも多い。
それをいかに減らすか、いかにリカバリーするかも大事だと思います。

はみ出たのだから埋めればいい。
パテでもいいし瞬間接着剤でもいい。

自分が良く使うのはこれ。
P4080027.jpg
黒い瞬間接着剤。

これは粘度が高いのでスジに入れても流れていきづらいのでピンポイントで使えます。
少々お高いのがネックですが(>_<)

P4080028.jpg
それを使って余分なスジに盛り、ヤスリで削ったのがこちら。

P4080036.jpg
サーフェイサーを吹くと、どうでしょう?
見えなくなりました。

これも一つの技です。
他にも方法があるでしょう。
やりやすい方法でやってみてくださいねw


続いてはエアブラシ塗装。

P4080029.jpg
ハンドピース。

上のカップに薄めた塗料を入れて吹き付ける道具。

P4080032.jpg
コンプレッサー。

ハンドピースに空気を送る機械。

P4080034.jpg
レギュレーターもつけて圧力調整しながら塗装してます。

サーフェイサーなど広範囲に吹く場合には少し高い圧で、細かいところなどは低い圧で、と使い分けします。
自分は普段は0.07MPaくらいかな。

P4080035.jpg
缶スプレーと違って圧や塗料の量が調整できるので、これくらい近づけても塗装できます。

P4090042.jpg
今使ってるのはダブルアクションタイプ。

このボタンを、
P4090043.jpg
押すと空気が出て、

P4090044.jpg
引くと塗料が出ます。

空気の圧力はレギュレーターで調整してこの引く力加減で塗料の量を調整して吹き付けていきます。
引きすぎると塗料が出すぎてしまうので、一番後ろについているつまみを回して引き範囲を調整することも可能。
あとは慣れるしかない。

P4090040.jpg
試しにシールドを白で下塗り。
スジを彫ったところを残すように濃淡をつけることが出きました。
この上に赤で塗ってみると、下地の影響でほんのりグラデーションがかった塗装になります。
今回はまだそこまでせず、一色べた塗りにしますけどねw



P4090038.jpg
下地塗装(サーフェイサー)終了状態。

サーフェイサーはいわばパテを溶いたもの。
やすりの痕などもある程度消えます。
また、作業中に見えなかった傷なども見やすくなりますね。
見つけたら修正してまたサフ吹き。

色は下地の色に影響を受けます。
例えば黒の上に塗った赤と白の上に塗った赤とは全然違ってきます。
ミキシングモデルだと成形色がバラバラなので統一させる意味でもサーフェイサーを吹きます。

P4090039.jpg
関節など暗い色のところは黒サフ、ボディ部分は明るい色なのでグレーサフを使いました。

この後、グレーのパーツはさらに白を塗って下塗りとします。


マスキング。
すべてのパーツが色ごとに分かれてるなら楽なのですが、HGサイズだとそうもいかない。

このガンダムのボディーはほぼ一色。
なのでマスキングテープで塗るところと塗らないところを分けていきます。

P4090045.jpg
マスキングも自分のしやすい順番を考えましょう。

このボディは青を塗ってからの方がマスキングしやすいと思ったので、白下塗りのあと青で塗装。
黄色で塗る首の部分と赤で塗る脇腹のために青く残すところをマスキングしていきます。

P4090046.jpg
マスキング完了。
境界線は爪楊枝などでしっかり押さえること。
でも力を入れすぎて傷をつけないこと。
そんなことを気を付けて作業します。

P4090047.jpg
また白で下塗り。

P4100048.jpg
黄色と赤で塗装。

P4100049.jpg
テープをはがすとこんな感じに。

はみ出てたりした場合は、もう一度マスキングして塗装するか筆でリタッチしてください。



塗装の移り変わり。
P4090037.jpg
サフ下地塗り。

P4100050.jpg
エアブラシ塗装完了。

P4100052.jpg
スミ入れ後つや消しクリアー塗装。
これで完成です。

P4100053.jpg

P4100054.jpg

P4100055.jpg
前回のガンダムとの比較。

形は違うのにガンダムに見えるでしょう(^^♪
あと色合いも下地を塗ってるので深みが出ていると思います。

P4100056.jpg
ここまでのガンダム。

今回は違ったアプローチからでしたがいかがでしょうか。

さて次回はもう一度HGガンダムのキットに戻って「ガンダム改造編」にしようと思います。

P4100057.jpg
これを使って今度はいろいろな改造をしていくので時間もかかるとは思いますがまたお付き合いよろしくお願いします<(_ _)>

ではまた(^^)/~~~

テーマ : ガンプラ制作 - ジャンル : 趣味・実用

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:HG ガンダム
今回から始まるHGガンダム改造編。

大幅なプロポーション変更とディテールアップをしていきたいと思います。
ただ気を付けてほしいのは、改造すればいいというわけではなく、あくまでkobarutoが作る「ガンダム」なので皆が皆かっこいいと思うとは限らないということ。

こういう改造をしなければならないということではありませんからねw
一つの例として受け取ってください。

趣味ですから自分の好きなようにプラモを楽しんでもらえればと思ってます。


ではまず、プロポーションを変えるため大まかな改修をしていきます。
なので合わせ目や改造箇所の処理はあまりしてませんので(^_^;)

ボディ。
P4110007.jpg
肩関節の干渉する部分を切り取りました。

P4110009.jpg
1㎜プラ板を切り取った部分に合わせて切り出し、0.8㎜真ちゅう線を接着します。
それと、この真ちゅう線が入る真鍮パイプも切り出しておきます。
長さは2~3㎜。

P4110010.jpg
それを丸印の部分に埋め込んで接着。

P4110011.jpg
先ほどのプラ板をパーツで挟み込みます。
ここも仮なので形が合ってませんねw

P4110012.jpg
可動します。

P4110013_20140413214544154.jpg
おなかの部分は上下に切り離します。

P4110015_20140413214545455.jpg
それぞれを合わせて、前にやったポリキャップ埋め込みをしてみます。

P4110016_201404132145477d0.jpg
下側のパーツにプラ板で積層を作り長さを伸ばす加工をします。
3㎜プラ棒も差し込んで接着。
これで上側パーツとつながります。

P4120017.jpg
組み合わせます。

青いパーツの真ん中の部分を切り離して少し下げて再接着。
上の開いた部分に1㎜プラ板を差し込みましたがまだ短いので、丸の部分を延長します。

P4120020.jpg
股関節パーツ。

P4120021.jpg
ボール部分を切り離し、プラパイプに組み込み。

P4120022.jpg
0.8㎜の穴をあけて真ちゅう線を通します。
市販の丸バーニアパーツにも穴あけ。

P4120023.jpg
組み合わせて接着。

P4120027.jpg
上半身の延長工作が終わったものと合わせます。
頭はそのまま。

P4120019.jpg
続いて脚。

太ももの上の方のモールドが変わる部分と脛で切り離します。

P4120024.jpg
1㎜プラ板3枚をはさんで接着。

乾いたら余分なところを大まかに切り、ヤスリで地道に削ります。

P4120025.jpg
太ももは、3㎜プラ角棒を使って延長。

上の部分は8㎜プラパイプと5㎜プラパイプ、3㎜プラ棒を取り付け、

P4120026.jpg
下にポリキャップを埋め込んで軸で回るようにします。

P4120029.jpg
お尻のアーマーは3分割。

P4120030_20140413214727301.jpg
それぞれに0.8㎜の穴をあけ、

P4120031_20140413214728c78.jpg
真ちゅう線を通し、

P4120032.jpg
可動するようにします。

P4130033.jpg
肩のパーツは前後と上に1㎜プラ板を貼り少し大型化。

右が貼り付けた状態で左が削ったりしてほぼ処理が終わったもの。

P4130041.jpg
二の腕は2㎜延長して上のパーツが入るように5.5㎜穴あけ。

P4130040.jpg
前腕は3㎜延長。

P4130034.jpg
イメージを見るために大まかな処理をして組んだもの。

P4130036.jpg
後ろ姿の方がいいかもw

P4130037.jpg
モデル立ちを目指してラインをいじってます。

もう少しヒップアップしたいなあ。

P4130035.jpg
簡単改修したものとの比較

どっちがいいかは好み次第ですね。


まだバランス取りに苦労しそうですがイメージ的にはこんな感じにしていこうと思います。

ではまた(^^)/~~~

テーマ : ガンプラ制作 - ジャンル : 趣味・実用

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日記
今日、会社の車のタイヤ交換を済ませたkobarutoですw

自分の車はまだですけど(^_^;)


先日、第2回プラモ教室が開かれました。
まあ教室というほどではなくてどちらかというと製作会。

今回はヤスリがけがメイン作業でした。
慣れている人はいいのですが、始めたばっかりの人はせっかく組み立てたのにまたバラすなんて!
という感じでしたが少しずつ頑張ってましたねw

自分はパチ組みしてあったHGシャア専用ゲルググを持参してバリ処理・合わせ目処理・スミ入れ・つや消しスプレーの実演をやってみました。
参加者の中にも同じキットの人がいるので参考になってくれればと思って(^^♪

こういう処理に結構時間がかかることを実感してもらいました。
その分完成度が高くなることもねw

なんとか自分も本体だけは終わらせてつや消しまでしました。

P4170006.jpg
素組みですが唯一いじったのはカメラアイ。

シールじゃ味気ないので中の黒いパーツに穴をあけてピンクのビームサーベルを差し込み、表面で切り落としてヤスリで整える方法も実演で紹介。

無塗装・つや消しスプレーで質感が変わることも実際に見てもらえてよかったかな。


次回は5/19の予定。
また楽しませてもらいます(*^。^*)

さて、これでちょっと時間が空いたのでHGガンダムはゆっくりやらせてもらうとしてちょっと息抜き。


P4140003.jpg

P4140002.jpg
HG ターンAガンダムをパチ組み。

シド・ミード氏デザインのこのガンダムは数あるガンダムの中でも異色の機体。
おひげのガンダムとして知られています。

でもね、これをカッコよくする自信はない!


P4150004.jpg
で、ガンダム AGE-FXとミキシング。

顔は大河原先生のデザインを元にアレンジ。

P4200018.jpg
さらに改修してサフ吹き。
まだバランスの調整が必要かな。

P4200015.jpg
後ろから見るといいんだけどねw

今月中には完成させたいところなのでこちらを優先して制作にあたります。



明日は札幌でゴールデンマーケットという大きなフリーマーケットがあるので夫婦で出かける予定。
なんかあるかな?奥さんのものがあると嬉しいんだけどなあ(^^♪
その方が平和だし( *´艸`)


ではまたー(^^)/~~~

テーマ : ガンプラ制作 - ジャンル : 趣味・実用

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:飛行機
春仕事。
体がまだできてないのに外仕事。

いよいよ本格的に屋外での仕事が増えてきました。
暑さと寒さで体調を崩しそうですが頑張ってます。
おかげで寝るのが早いんですよね~~~

と言いわけをしての現状報告(^_^;)

ターンAを進めようと思ってたのですが今週末、つまり明日ですがTPCミーティングがあります。
旭川にも行けていない状態だったのでてづかさんに行くのも久しぶり。

今回は撮影に関するミーティングということで自分は聞き役に徹します。
現状は普通の安いデジカメを使ってるだけなのでそれほど難しい設定はせずに撮影をして、画像ソフトで修正してるくらいなのです。

なので他の人の技を盗んでくる予定(●`w´●)ニァ・・

特に持っていくプラモもないので急遽、初飛行機製作に取り掛かりましたw

てづかさん店内でいろいろとプラモで祭りという名の展示をしていて、その中の「1/48 レシプロ機限定祭り」用に初めて飛行機を作ってみたんですが・・・どうも慣れない。

でも完成。

あらかじめ言っておきますが、飛行機モデラーの方、やさしい目で見てやってください(>_<)
なんせ初めてなんですから!!

とここでも言いわけ・・(´Д`;)

とりあえずご覧ください。


メッサーシュミットBf109
P4250003.jpg

P4250004.jpg

カラーリングはネットで見つけたものを参考にして調合はオリジナル。
デカールは付属のものを使用しました。
航空ショー用の機体と設定して汚しなし。

ササッと仕上げたので突込みどころ満載ですが楽しむことが目的なのでこれで良し(^^♪

飛行機は全然詳しくなくてわからないことばかりですがすごく面白いなあと感じました。
また作りたいですね(*^。^*)

来週からはまたガンプラに戻ってターンAの完成を目指します。
これもササッとね(笑)

ではまた(^^)/~~~

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

| BLOG TOP |

copyright © GUNPLA Ver. kobaruto all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ