プロフィール

kobaruto

Author:kobaruto
北海道素人モデラーkobarutoのガンプラ製作日記へようこそ!

プラモ製作の何かのお役にたてたらうれしいです。


最新コメント


ギャラリー

-2017年- ------------------------------ -2016年- ------------------------------ -2015年- ------------------------------ -2014年- ------------------------------ -2013年- ------------------------------ -2012年- ------------------------------ -2011年-  

カテゴリ


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:妖怪ウォッチ
いきなりですが何を思ったのかジバニャンが出来上がりました!

figure-014199.jpg
作ったのはこちら「ワイハーver.」ですが、これは作例の画像。

DSC_1521.jpg
僕が作ったのはこちら、「ウチナーver.」でございます(^^♪
アロハシャツの前側をプラ板で塞いで襟も作ってかりゆし風にしてみました。
ちょっと襟がアイロンかけてパリパリになっているようですがね(^_^;)
さらに本体は日焼けしてしまった状態を再現www
赤いところはより赤く、白いところは黒く日焼け、
持っているのはシークワサージュースらしい(笑)

DSC_1522.jpg
尻尾は床に下げてそのまま自立するように炙って加工してます。

また息抜き?

いえ、もう息抜きというより遊んでます(>_<)
これでも2日かかっちゃいってますし・・・

ユニコーンはどーなってんだー!!
と言われそうですが、相変わらず電飾に苦労してます。

チラッとお見せすると
DSC_1520.jpg
これ太もも。
少しずつは進んでるんですよーw
詳しい解説は次回ということで今回はここまで。

ではまたー(^^)/~~~
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:MG ユニコーンガンダム
今日は雨が降るほど暖かい北海道。
つい3日ほど前には気温が-20℃くらいまで下がっていたんですけどね~(>_<)
おかげで雪道がグチャグチャに融けて大きい道路じゃないと車も危ないです。。。

そんな中昨日てづかさんにお邪魔して、今開催中の「鉄血のオルフェンズ祭り」にグリムゲルデを持っていきました。
あの中でも異彩を放つシールドが目立ってると思います(^_^;)

また、タケウチモデルさんには先日のプロトバーザムと鉄血のバルバトスを置かせてもらっているので見てみたいなあなんて思ってる奇特な方がいらっしゃいましたら両店舗に足を運んでみてください(^^♪
僕なんかよりもちゃんと作られている作品がどちらにもテンコ盛りですよー(^O^)/


と楽に遊んでいる場合ではなく、ユニコーンに手を焼いております。

まずは腰。

DSC_1524.jpg
この薄いアーマーを光らせることは難しく、あきらめそうになりましたがパーツのクリアー化とテープLEDで乗り切りました。

続いて太もも。
DSC_1520.jpg
右が素組み。

足が長すぎるとされるこのキット。
変形というか変身するガンダムなので仕方ないことなのですが、今回は固定モデルなのでよく作例でもあるように伸ばさないでパーツを切ることによってデストロイモードを再現することにしました。

DSC_1525.jpg
先ほどの素組みのパーツを伸ばさないでユニコーンモード状態にしてこのようにデストロイモードと同じように線を引いてみます。

DSC_1526.jpg横もこんな感じで。

この後パーツをバラして線に合わせて切っていくのですが、まっすぐに切らないとかっこ悪いのでスジ彫りテープを貼って0.125mmのスジを深めに彫り、鋸で丁寧に切り離しました。

DSC_1527.jpg
こちらがパーツを切った後の状態。
中の関節パーツもクリアー化してます。

DSC_1528.jpg
ちなみに伸ばしてみると・・・
これはこれで有り?

DSC_1535.jpg
ここまで組んでみました。
今回のデカールは全体的に落ち着いて見えるように地味にグレーを使ってます。

DSC_1540.jpg

DSC_1538.jpg

DSC_1530.jpg
そして点灯状態。
今のところ断線や接触不良を起こしてないのが幸いといったところでしょうか。

DSC_1532.jpg

ここまで来るともう少しって思いません?

ところがここからもまた大変なんですよー(>_<)
ただいまふくらはぎ内部パーツのクリアー化のため型取り中でして、また3日ほど費やしてしまいそうなんです。
焦っても失敗するので忍耐が必要。
その間に電飾の方法も悩むしまだまだ作業は続きます。

でも本体が立ってしまえばフルアーマーの方も目途が立ちますし、今後の展開もさらに考えることができますので、ひと踏ん張り頑張っていこうと思います。
ユニコーンの次回記事で「立ったよ、ユニコーンが立ったよ(^O^)」となることを願っていてください。

その前にまた他のものに手を出すかもしれませんが・・・゚+。(ノ皿=o)σ。+゚ニヒヒヒヒヒッ

ではまた(^^)/~~~
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:MG ユニコーンガンダム
タイトルの通りユニコーンガンダム本体が一先ず完成しました!!

まずは記事の続きの脚編。

DSC_1543.jpg
配線しながらの組立なので完成している上半身と繋げていくことになります。
とりあえず「立ったよ、ユニコーンが立ったよ」(笑)

DSC_1545.jpg
脚のアップ。
テープLEDを折り曲げながらエナメル線で配線。
細かいハンダ付けの痕がわかるでしょうか。

DSC_1549.jpg
そしていきなり完成!

このままだとどう弄ったかわからないでしょ。

DSC_1547.jpg
ということで素組みと比べていきます。

まずは並べて撮影。

パッと見わかりづらいですが太ももで縮めた4mmほど全高が下がってます。
それを感じさせないのが肩アーマーの大型化。
目いっぱい開いたので大きく見え、さらに肩の高さは変わらないようにしてみました。
ヒョロヒョロっとした素組みと比べて二の腕を開いたことで太く見えますし、腰の位置も下がってがっしり体型になったと思います。

フロント
PGを参考にサイコフレームの露出を増やして、それほどディテールを加えなくても情報量が増えて見えるようにしたつもりです。

リア

ヘッド
ここからは各部のおさらい。

頭部。
頬をプラ板で調整して顎も作り直してます。

ボディ
横に1.5倍ほどさらに開いてサイコフレームの露出を増やし、襟のあたりのパーツを一度切り離して開いているように取付、サイコフレームも段々になるようにカットしました。

腕
肩アーマーを上に開き、下側は一部を切り離して下げてサイコフレームを大きく見せ、二の腕はこのように切り開き内部が見えるようにして、中は複製で透明化してサイコフレームとしました。
下腕はそのままです。
脚
太ももは伸ばさずにサイコフレーム部分をカットして短足化。
ふくらはぎ内部は透明化複製してサイコフレーム化を施し、ふくらはぎパーツを上下に分割して下側を開くように取り付けました。

DSC_1566.jpg
サイコフレーム点灯。

DSC_1563.jpg
足の裏に1mm真ちゅう線で電極を作って埋め込み、

DSC_1564.jpg
この板の上に見えている突起状の電極に差し込みます。

DSC_1565.jpg
裏側はこのように配線。
まだ仮なので簡単に作ってます。

DSC_1575.jpg
暗くすると結構明るく発光します。

DSC_1571.jpg

一部接触不良気味だったりとまだまだ甘いところ満載のガンプラへのLED組み込みでしたがいい勉強になりました。

次はフルアーマー化です。
あの重武装たちをどうするか悩みどころですね(>_<)
シールドもLED仕込むかどうか・・・

引き続き頑張りますwww

ではまた(^^)/~~~
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日記
なかなか長期休暇が取りづらい状況にありますが、毎年この時期だけはお休みをいただいて沖縄に出かけております。

え!また?!

はい、その通りまた沖縄です(^_^;)

今年はうちの奥さんのお姉さんと甥っ子の4人旅行。
なのでうち夫婦以外の2人にとっては初沖縄なので観光地巡りの3泊4日でした。
流石に沖縄の車社会事情には慣れてきているのでドライブは苦ではありませんねw

もうすっかり見慣れた景色なので写真もほとんど撮らずに過ごしましたがこれだけは撮影!

DSC_1579.jpg
今回の旅行のために作ったジバニャン ウチナーンチュVer.を昨年開業したばかりの瀬長島ウミカジテラス付近で撮影してきました。
旅行中の天気予報はあまり良くないと聞いていたのですがその中で撮った貴重な晴れの日差しでの撮影でした。

帰ってくるとあっという間の3泊4日。
また1年このために頑張って働きます。

すっかり沖縄病のkobaruto夫妻でしたー!

プラモも再開しなくちゃwww

ではまた(^^)/~~~
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:HG ドワッジ
右のバナーにもあるおずねこさんの「ジオンの再興ミーティング」に向け再始動!

あのままでもいいのですがせっかくのコンペなのでまずはドワッジをちょっと改修していきます。

DSC_1584.jpg
久しぶりにバラバラになったドワッジ。
今回の改修点は腕と肩。
腕はここに見える青いパーツ、ギラドーガに変更してみました。

DSC_1583.jpg
肩は後ろのパーツにさらにプラ板で延長を施し、小さな三角のフィンも形状変更して作り直ししてます。

DSC_1590.jpg
(これは左右逆側ですが)このようにパーツ表面に溶きパテを筆で叩くようにつけていきます。
それを全身に亘って同じように溶きパテをつけていき軽くスポンジヤスリで表面を均します。
そのあとメカサフを吹きつけ再塗装に入ります。

DSC_1598.jpg
そして完成。
全身に斑に筆で濃いブラウンを乗せ、さらに黒でウォッシングした後に乾いてからスポンジヤスリ800番で全体をやり過ぎないように擦っていきました。

DSC_1600.jpg
肩の形状変更で少し厚みが増したように見えます。

DSC_1599.jpg
ボディの質感がわかるでしょうか。
パテを叩きつけて毛羽立ったところをサッとヤスリがけすることによって鋳造っぽい表現になったと思います。

DSC_1602.jpg
前回のドムの腕との比較。

狙った意図は丸みと長さ。
ギラドーガの方がイメージに合ったのでねw
ちょっと黄色っぽかった色味もトーンを落としてブラウン寄りに変えてます。

DSC_1604.jpg
腕を長くしたおかげでこのポーズも可能に!!

DSC_1608.jpg
動きが欲しいのでやっぱりこのポーズでしょ(^^♪

ということでドワッジはこれで完成です。
でもジオンの再興ミーティングはまだまだこれから。

一応ビネット風なものを考えてますので作業は続きます。

次は何からやろうかな?

ではまた(^^)/~~~
| BLOG TOP |

copyright © GUNPLA Ver. kobaruto all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ