プロフィール

kobaruto

Author:kobaruto
北海道素人モデラーkobarutoのガンプラ製作日記へようこそ!

プラモ製作の何かのお役にたてたらうれしいです。


最新コメント


ギャラリー

-2017年- ------------------------------ -2016年- ------------------------------ -2015年- ------------------------------ -2014年- ------------------------------ -2013年- ------------------------------ -2012年- ------------------------------ -2011年-  

カテゴリ


月別アーカイブ


まとめ
DATE: CATEGORY:HG ガンダム
また一つ齢を重ねたkobarutoです。
42歳だってw
いつまでも若いつもり(^_^;)

さてさて今回からHG ガンダムの制作になります。
それも超初心者から初心者に向けての作業工程です。

でもこれがすべて正しいということではなく、あくまでkobarutoの我流なので参考程度としてくださいねw


P3310049.jpg

P3310051.jpg
こちらはパチ組み、つまりパーツをランナーから切り離して組み立てただけのもの。
付属のシールのみ使ってます。

HGシリーズ初期のキットなので合わせ目が結構目立ちます。

P3290028_201403310103037b2.jpg
まずはバリ処理。

パーツをニッパーなどで切り離すときはこのように少し残るくらいで切り、もう一度ニッパーやナイフで切り落とすとパーツ側がえぐれづらくなります。

P3290029.jpg
そのあとヤスリで削ると綺麗になります。
このヤスリは400番を使ってます。
この後、600番、800番とかけていくと表面が綺麗になっていきますよ。

次は合わせ目処理。
P3290002.jpg
これは太もものパーツ。
このままハメ込むと正面の真ん中に1本筋ができちゃいます。

P3290003.jpg
そこで登場ブラシタイプの瞬間接着剤!

まあプラモ用の接着剤でいいのですが早く処理したいときはこちらを使ってます。

P3290005.jpg
これをパーツの片面、もしくは両面に塗り素早く組み立て。

P3290007.jpg
すると合わせ目にはみ出します。

乾いたらナイフなどで少し削るか、またはそのままヤスリをかけていきます。

P3290025.jpg
左が処理前、右が処理後。

色を塗らないのなら、ちょっと乾きが遅いですが普通のプラモ用接着剤の方がいいかな。
プラを溶かしてくれるので、もっと合わせ目がわかりづらくなると思います。


アンテナの処理。
P3290014.jpg
ガンプラは低年齢層にも対応しているのであまり危険がないようにアンテナなど尖ったところは刺さらないようになってます。

P3290016.jpg
横から見るとこんな感じに。

でもかっこ悪い。

そこを切り落とした物がこちら。
P3290018.jpg
本来はこの形ですからね。
あとは折らないように注意してください。


スミ入れ。
スミ入れとは簡単に言うと、立体物として陰になるところや装甲ラインに色を入れること。
今回は無塗装仕上げなのでこんなものを使ってみました。
P3290019.jpg
スミいれペン。

顔を例にやってみると、
P3290020.jpg
パーツに線が入っているところを塗ります。
これは流し込みなのでくぼみにペン先をあてると少し流れ込んでいきます。

P3290023.jpg
ある程度乾いたらはみ出したところを消しゴムで消すことができます。
ヤスリをかけてもいいですよ。

これで立体的になったでしょうw
ちょっと汚いけど(>_<)

もう一つちょっと改造。
P3290030.jpg
腰の前側のアーマー部分なのですが、パーツは左側のようにつながっています。
これを真ん中で切り離して組んでみると、

P3290031.jpg
このように独立稼働させることができます。

ポーズを付けるときなど片足が前に出たときに両方動くのも変ですからね。

すべてのパーツを処理したら最後にトップコート。
やすりの痕やスミ入れしたところの保護のためでもあり、完成度を高めるためにもやった方がいいと思います。

ただどうしてもシンナー臭いのが苦手であれば、
P3310048.jpg
この水性タイプがいいかな。
多少の匂いはありますけどね。

これをできればある程度パーツをバラした状態で持ち手などを付けてさっと吹き付けます。
あまり吹き過ぎると乾くのも遅いし、つや消しなので白くなってしまいます。

少しパーツから離した位置で、最初はパーツのないところでボタンを押して吹き始め、そのまま横に流してさっとパーツにかけます。
ホントに「サッ」とでいいです。
一気に吹き付けようとしないで2、3度吹きます。
これで十分。
乾いたらまた組み立てて完成。

P3310050.jpg

P3310052.jpg
いかがでしょう?
つやが消えてメリハリが出たのではないでしょうか。

これで一つの完成形。
これでいいと思います。

でもさらに手を加えてみたいというのであれば、次のステップへ。

部分塗装。
全体塗装はまたの機会として今度は一部だけ塗ってみましょう。

腰の真ん中にある赤いパーツ。
ここにはV字のマークがあるのですが一体成型で1色になってます。

ここを黄色で塗ります。
P3290035.jpg
プラカラーを筆で塗ればいいのですが、まだそんなものもないであればマーカーで塗れます。
できればガンダムマーカーというガンプラ用のマーカーもありますので使ってみるのもいいと思いますよ。

はみ出してもいいから塗ります。

P3290036.jpg
乾いたらはみ出たところをナイフなどで削ります。

P3300047.jpg
フェイスパーツも目の部分はシールがついているのですが頑張って塗ってみるとこんな感じに。

赤いマッキーと黒いマッキーで塗り、目の部分を黄色のペンで塗ります。
おそらく目のところは黒を塗るときはみ出てしまうでしょうからまたナイフで削ってから黄色を塗るといいでしょう。


今度はプロポーション変更。
このままでも十分なプロポーションですがよりかっこいいと思うスタイルに変更していきます。


立たせたときに少し股を開いた方がいいのですが、
P3290037.jpg
そのままだとこの部分が干渉してあまり開きません。

P3290038.jpg
そこで、当たる分を切り落としてみます。

左が改修前。
右が改修後ですが切り落とすと穴が開いてしまいましたw
パテやプラ板でふさいだ方がいいでしょう。
でも今回は見えないところなのでそのままにしてます。

P3290039.jpg
開き加減が変わったのわかりますか?

P3290040.jpg
今度はこの部分を削っていきます。

P3290041.jpg
太ももの位置の違いがわかりますか?

立たせるときに膝から下を後ろに引くようにしたいので、あの部分を削って後ろの干渉を無くし太ももと膝のパーツがくっつくようにさせてます。

P3290032.jpg
さらに、股の後ろにプラ棒を取り付けて、

P3290033.jpg
後ろのアーマーを斜めに取りつくようにしました。

P3290043.jpg
正面。
あまり違いはわからないかもしれませんが、

P3290044.jpg
横から見ると違います。

股間を前に張り出したスタイルに変更したため、後ろのアーマーも斜めになってしまうので先ほどの加工でなるべく縦にまっすぐになるようにしました。


上半身の改修。

P3290009.jpg
この部分が干渉して肩の自由度が制限されているので、

P3290010.jpg
切り取りました。

P3290024.jpg
左がそのままで右が上がった状態。

これで肩が上がったスタイルになります。

P3290011.jpg
腰というかおなかの部分。
このパーツの付き方だと横に曲がるのですが前後には曲がらない。

P3290012_20140331010607805.jpg
そこでパイプ状のプラ材を使ってはめ込み。

P3290013_20140331010609e8f.jpg
下から見た状態。

これで前後にスイングします。

P3290046.jpg
首のパーツを伸ばして上半身完成。

左が改修前で右が改修後。

P3290045.jpg
背中のバーニアパーツもそのままだと左側のように厚みがあるので、ドリルの刃先を使って内側を削ります。

P3290026.jpg
スミ入れは今度はこちらを使用。

先ほどは黒1色でやりましたが、本来その色ごとに影の色も違うだろうということで、白にはグレーだったり赤には濃い赤だったりを使います。

そしてつや消しして完成!
P3310054.jpg

P3310055.jpg
スタイルが変わったのですがいかがでしょう?

素組みとの違いはこちらを見てください。
P3310057.jpg
先ほどの下半身写真じゃわかりづらかったでしょうが、足を引いた感じ、顔も顎を引いた感じで印象が変わったと思います。

P3310059.jpg
正面も肩が上がったところと股が少し開いたことで違いは出ていると思います。

これでも整形色を生かしたほんのちょっとの部分塗装。

P3310060.jpg
ガンダムだらけ(>_<)

お次は一番左のパチ組み状態を一番右のスタイル変更まで改修して全塗装編をお送りしたいと思います。


こんなんで参考になっているのか心配ですがね(^_^;)

ではまた(^^)/~~~

テーマ : ガンプラ制作 - ジャンル : 趣味・実用

コメント:

こんばんは^^

改めての初心者講座と思いきや、
途中から、プロポーションの改修など、
レベルが一気に上がってる気が(^^ゞ

ただ、説明が分かりやすいので、
普通に買ったHGUCガンダムが、一気にかっこよく作ることができますね^^
とても楽しく拝見させていただきました。

次回の更新も楽しみにしております(^○^)

kobaruto塾開設ですか。ワクワク♪
ついつい見落としがちな改修点や初心者がやってみたい点などを詳しく丁寧に解説されていてじっくり読みました。
次は何を教えてくれるのか楽しみです。

どこが超初心者向けですか(笑
しかし、自分はまだまだ初心者ですので
すごくためになりました。

プロポーションの部分とか難しく感じていて
手を付けずに組んでることが多かったので
ちょっとの作業でここまで変わるのなら
これからは少し意識して行こうと思います。

どうもです( ̄▽ ̄)

おぉ〜すごくためになる初心者講座ありがとうございます。

改めてプラモをやり始めた、ワクワク感を思い出しますが、kobarutoさんの解説は分かりやすくて助かります^_^ 次回の記事も楽しみにしています! そううち太もも延長やらやって貰えるのかな^^; ワクワク!

塗装講座とか気になります^ ^

てけさん

こんばんはw

このブログも誰が見ているかわからないようなので今回は教室っぽく書いてみました。

ただ改めて人に教える大変さを実感しているところなんです(>_<)

おかげさまである程度作れるようになったのですが、「初心者が何を知りたいのか?」「どう伝えればいいのか?」ということをいざやってみようとすると悩んでしまいます。

そのため今回は同じガンダムをいろいろな作り方でやってみようと思いました。

やっぱり一気にレベルが上がっちゃいましたかね(^_^;)

自分のできる範囲でやってみようと思いますのでまた見てくださいね(^^♪

じゃいあんさん

kobaruto塾だなんて、そんな大層なものじゃないですよ(^_^;)
実際、上のレベルの方々がこれを見て変だと思ってるかもしれませんしねw

普段、改造ありき、塗装ありきで作ってる身としては今回の作例は非常に勉強になってます。
教える難しさもね(>_<)

次はさらに手をかけてみようと思いますのでまたよろしくです(^^♪

fixyさん

>どこが超初心者向けですか(笑
へへへすみません(^_^;)

どうやって書いたらいいのか難しくて・・・
なかなか手取り足取りというわけにもいかず、少し端折ったところもありますね。

プロポーションに関しては、難しいことをすればいくらでも改修できます。
でも、おっしゃる通り難しく感じて自分で「できない」と決めつける方もいて残念なことだと思ってました。

「失敗したっていいからやってみよう」というのが自分の信条。

大改造しなくてもちょっとしたことで変化はありますからぜひとも意識してやってみてください。

マッチカンさん

どうもーw

参考になりました?
すごくうれしいですね(●^o^●)

解説も難しくて、なるべくわかりやすくと思うのですがなかなか文章が苦手なもので、工作してるより苦労します(>_<)

太ももの延長ですか?
このガンダムはこれでいいと思うのですがやってみますか!

次回も頑張りますw

おお~!
まるでHJの初心者講座ですね。
ちょっと途中からレベルが上がりましたが。
股関節をいじらなくても立ち方を変えられるんですね。
勉強になりました!

お、良いですねぇ
簡単フィニッシュ。

最近のガンプラは出来が良くて合わせ目も少ないので、こう言うのをたたき台にして興味を持ってみるのも良いかもしれませんね^^

他にもこういった形でヒケ処理作品などもありますので、講座の参考にしてください\(^o^)
http://www.1mokei.jp/make/gandam/dom/gandam_01.html

Gotyさん

今回はいろいろと初めての方にも伝えようとやってみたのですがどこまでやっていいのかわからなくて(>_<)

スタイル変更、プロポーション変更など、改造にはポイントがあります。
もちろん手を加えただけよくなるのですが、自己満足で済むのならこういうやり方もあるという一例です。

参考になってくれたのならうれしいですねw

ぺぐさん

今回はプラモ教室ため自分なりにいろんなパターンを出して、そして見てもらってその人その人の完成品を目指してもらおうと苦心しております。

その中で、こうしてとても参考になるサイトを教えていただき感謝してますよ<(_ _)>

自分も初心に帰って楽しんでるところです(^^♪


42才おめでとうございまーす!!
お互いまだ若いもんねー

ここしばらく忙しさにかまけて
流し読みばかりしていましたが、
お互いいろいろありましたね。
若さを忘れず、初心忘れず、
これからもお互い人生を楽しんでいきましょう!
また遊びに行ってゆっくりお話したいもんです。

講座でのとても良い先生ぶりが
安易に目に浮かびます。
いいなー!生徒になりたいぜ!

みきたさん

ありがとうございます(●^o^●)

そうそう、まだまだ若いですよね~~www
それも人生を楽しんでるからこそ!!
辛いことだってたくさんありますが気持ち次第でどうにかなるもんです。

またお話しできる日を楽しみにしてますよ(^^♪

>講座でのとても良い先生ぶり・・・
いえいえ、全然どうしたらいいのかわからなくて参加者に溶け込んでました(^_^;)
次回はどうなるんだろう?

どうにかなるさ!!

某月刊誌よりもわかりやすい!

沼田人さん

よかったぁ(o^^o)
なるべくわかりやすくしたつもりだったので嬉しいです。
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

kobarutoさんのガンダムを見てると東京で見た実物大のガンダムを想いだします。
つい先日、東京に行く機会があったんで見てきました。
kobarutoさんのブログ同様凄いの一言です。

沼田人さん

僕も去年見てきましたがホントに凄いですよね!(^^)!

写真撮りまくってきましたよ(^^♪

プラモに生かせればいいんですけど・・・

限定プラモデル

東京限定プラモデルなんですが財布の中がスカスカなのと荷物になるんでサザビーとストフリしか買えませんでした( ; ; )。

ガンダム頭部の後ハメ方法

ガンダム頭部の後ハメ方法がよくわかりません。

初心者でもできる方法があれば教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

沼田人さん

>ガンダム頭部の後ハメ方法

マスク部分の後ハメかな?
この記事の23枚目(だと思う)の写真にマスクだけのものがあります。
口頭で説明するのは難しいけどやり方は簡単。

目の上の白い四角いところがあります。
その裏(だったと思う)には頭部内部に取り付けるためのでっぱりがありますが、そこだけを切り飛ばします。
そうすると上の四角いところだけが残るので、マスクを付けていない頭部の下から差し込んで接着すれば出来上がりなんですが・・・この説明でわかるかなぁ?
う~~ん、説明が難しい(>_<)


沼田人 改め今後は、クーニーでよろしくお願いします。

なるほど!
なんとなく想像できました。
初心者には後ハメ加工に対して物凄い恐怖心があるんです。
失敗したらヤバイなーとか。
なにせ、HGUCは第1弾のガンキャノンをパチ組みして以来15年間のブランクがありますので( ; ; )
ガンダムビルドファイターズのアニメ放送でプラモデル熱が爆発しての
プラモデル復帰を決意したしだいであります!

クーニーさん

なんとなく伝わりましたか?

まずはやってみないとわからないと思います。
僕は失敗してもいいや!ってくらいの気持ちでやってますよwww
所詮プラスチックだと思えば失敗しても接着剤やパテで直せるんです。

とにかく作業に慣れること。

ネットや雑誌ではいろんなやり方が出てると思います。
それらを参考に頑張ってくださいね(^^♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © GUNPLA Ver. kobaruto all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ